facebook twitter
WAPIRITS
野菜にほろ酔い。 5.7(sun) 16:00~19:00

九州の農産物と日本の麹文化を広めるカクテルの祭典が今年も開催!

開催
場所
ホテルニューオオタニ博多 3F芙蓉の間

WAPIRITS TUMUGI カクテルコンペティション2017

WAPIRITS TUMUGI カクテルコンペティション2017 2017年5月7日(日)、九州農産物と和のスピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」を使用したカクテルの頂点を極める『WAPIRITS TUMUGI カクテルコンペティション2017』を、ホテルニューオータニ博多にて開催いたしました。
本大会は今年で4回目。バーテンダーのテクニック向上はもちろん、九州産の農産物と日本伝統の麹を用いたスピリッツを使ったカクテルを通じて、地元九州の再発見や日本の麹文化、カクテルをはじめとするお酒の楽しさを発信することを目的としています。

12名のファイナリスト 今年も全国から多数の応募があり、予選を勝ち抜いた12名のファイナリストが集結。選手は真剣な面持ちで、会場が緊張感に包まれます。5名の審査員と300名以上の来場者を前に、これまで磨いてきた技術と創造力、そして個性をエッセンスに、麹と九州素材の魅力を最大限に引き出したカクテルを生み出していきます。

審査基準は、「普及性」「九州産素材の生かし方」「ネーミングとの整合性」「味覚値とバランス」。
素材は勿論のこと、TUMUGIの良さも引き出した作品が高評価を得たようです。

審査員

【審査員】

  • ・一般財団法人カクテル文化振興会 理事長 佐藤昭次郎
  • ・特定非営利活動法人プロフェッショナル・バーテンダーズ機構 九州エリアマネージャー 宮本真
  • ・一般社団法人日本バーテンダー協会 九州統括本部 福岡支部 支部長 岩永大志
  • ・一般社団法人日本ホテルバーメンズ協会会長 小森谷弘
  • ・三和酒類株式会社 副社長 工学博士 下田雅彦

和のスピリッツと九州農産物が作り出す新たなカクテルの世界

WAPIRITS TUMUGI 今回のテーマ酒類は、「WAPIRITS TUMUGI」。伝統の麹の技で醸し出した豊かな味わいと、選び抜かれたフレッシュな国産ボタニカルの風味が広がる、ニッポンカクテルベーススピリッツです。
そんな「WAPIRITS TUMUGI」と合わせるのが、九州の農産物たち。ベースの味わいがきちんと残っているか、そして素材の活かし方や表現の仕方がカギとなります。

九州産農産物とのコラボレーション

九州産農産物とのコラボレーション

福岡県産:小松菜/甘夏/いちじくジャム
佐賀県産:きゅうり/いちご/嬉野茶
長崎県産:春人参/メロン/みかんジュース
熊本県産:トマト/スイカ/乾燥生姜
大分県産:大葉/びわ/サフラン
宮崎県産:カラーピーマン/マンゴー/甘藷飲料
鹿児島県産:さつまいも/デコポン/ジューシー(生姜パワー)

九州農産物を使った料理とカクテルに舌鼓

フレアバーテンダーのパフォーマンス 12名の競技が終了すると雰囲気は一転。九州の農産物をふんだんに使った料理とカクテルを楽しむ懇親会がスタートしました。
選手たちの緊張感もほどけ、笑顔でカクテルを振る舞います。美味しい料理とカクテル、そしてフレアバーテンダーのパフォーマンスで会場は大盛り上がり。ご来場いただいた皆さまにも大好評でした。

九州の農産物をふんだんに使った料理

TUMUGIカボストニック WAPIRITS TUMUGI と大分県産カボスで作った「TUMUGIカボストニック」で乾杯。

SnSnap 今回初の試みとして、会場内に「SnSnap」というSNSに投稿した写真をカードとして出力できるフォトプリンターを設置。写真を撮りInstagram またはTwitterに投稿すると、懇親会の楽しさや思い出を共有でき、またカードにもなります。

グランプリは BAR倉吉 大名店 長澤優斗さん

グランプリに輝いたのは、「BAR倉吉 大名店」長澤優斗さんの『TUMUGI de dolce~甘いひととき~』 みごとグランプリに輝いたのは、「BAR倉吉 大名店」長澤優斗さんの『TUMUGI de dolce~甘いひととき~』。蒸したさつまいもの甘みとTUMUGIの芳醇な香りを生かしたデザートカクテルで、自家製嬉野茶シロップを加え、香りがいっそう感じられるようにブランデーグラスを使った、まさに「甘いひととき」が感じられる1杯です。
意外性のあるカクテルが多い中でデザートカクテルに仕上げたこと、またカクテルに合わせて冷やしすぎず温度を考えたグラスの使い方が高く評価されました。

準優勝には「ホテルニューオータニ博多 バーカステリアンルーム」中川京介さん、HBA特別賞には「ホテル日航熊本 ファウンテン」磯田光さん、WAPIRITS TUMUGI特別賞には「TONY’S BAR」桝谷美咲さんがそれぞれ選ばれました。 準優勝には「ホテルニューオータニ博多 バーカステリアンルーム」中川京介さん、HBA特別賞には「ホテル日航熊本 ファウンテン」磯田光さん、WAPIRITS TUMUGI特別賞には「TONY’S BAR」桝谷美咲さんがそれぞれ選ばれました。

発酵食材とTUMUGIの相性の良さが発見でき審査員も勉強になったとの総評もあり、非常に価値のある大会は大盛況のうちに幕を閉じました。

飲酒は20歳を過ぎてから。お酒はおいしく適量を。妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので気をつけましょう。飲酒運転は絶対にやめましょう。
PAGE TOP